男のアンチエイジング専用サイト【肌ケア化粧品】

アンチエイジング男 1

男のアンチエイジングについて解説します。男性は肌ケアが必要ないのか?そんなことはありません。女々しい、気持ち悪い… そういった考えたかは古いといえます。仕事やプライベートでの第一印象が変われば、多少なりとも人生への影響は出てくるものです。

誰しもじゃがいものような肌にはなりたくないはずです。そして、30歳を過ぎてもハリツヤのある同僚や友人は、得てしてアンチエイジングケアをしていたりします。

アンチエイジングは早いほど効果が期待できます。今日から、できるところから、肌ケアをはじめてはいかがでしょうか?

肌質を知ること

スキンケア、そして特にアンチエイジングというと、まだ未知の世界、という状態である男性もいるのではないでしょうか。また、スキンケアをすでに行っている、という男性でも、はたしてアンチエイジングケアとなるとこれでいいのかどうか、という疑問を持っている人もいるかもしれません。

なぜ、「このままでいいのだろうか」という疑問がわくかというと、自分の肌悩みを改善してくれている実感を感じにくいから、ということがひとつあるかと思います。

スキンケア化粧品をいいと思って買った、あるいはすすめられて使っている、という場合、もしかしてそのスキンケア化粧品が自分の肌質に本当には合っていない、ということが考えられます。

肌質というと、大きく5つに分けられらると考えられます。コスメの口コミサイトを見てみるとわかるように、自分の肌質をプロフィールに列記している人が多いのに気が付くかと思います。たとえば、普通肌、乾燥肌、敏感肌、混合肌、脂性肌といった具合です。ときに、アトピー肌というカテゴリーが加えられているときもあります。

自分に合う商品を使用すること

普通肌の場合には、たいていはどんな化粧品を使ってもヒリヒリしたりピリピリしたりはしない、というので、得な肌です。気を付けたいのは、敏感肌やアトピーなどです。それに加えて、男性はニキビができやすいという特長もありますので気を付けたいところです。

まず、敏感肌の場合には、添加物が大きな引き金となっている場合がありますので、無添加・自然原料由来100%のものを選ぶ、ということを考えてみるといいでしょう。

髭剃りでお肌をすでに傷めてしまっている、というのもアンチエイジングケアにはマイナスになっていることも考えられます。脱毛まで考えていないのであれば、より「スキンケア」も考えてみるとよいのではないでしょうか。

アトピー肌の場合も同じで、添加物やケミカル物質に反応してしまう場合があります。アトピーの場合には、アトピー専用として販売されている化粧品を使っていくのが、無難かもしれません。それで改善してくれば、もうすこし選択の幅を広げて、無添加・自然原料に着目して製造されているブランドを選んでみるといいでしょう。

ニキビができやすいのは、どんな肌質においても体調によっても、生活習慣によっても、可能性は否めません。脂性の肌質の人に必ずニキビがあるわけではないことからも、ニキビについては、さまざまな理由があるので、肌質と分けて生活・食事などとも関連を考えてみるといいでしょう。それがひいては、体の内と外からのエイジングケアにもなっていくかと思われます。

コラム:そもそもエイジングケアとは?

エイジングケアという言葉自体はよく聞くけれどそれが自分にも関係のあることなのかどうか、わからなければ肌対策、スキンケアもどういう方向性でいけばいいのかがわかりません。エイジングケアというのは、つまりは若々しい肌でいられるようにケアをするということです。

しかし、年をとれば肌に弾力がなくなり、シミができ、シワやたるみがでてくるのはしかたのないことです。しかし、今はさまざまなエイジングケアに特化された化粧品や、サプリメント、美容目的の注射などがあります。
参考:ハリ化粧品

男性だからといって、美肌をあきらめる、あるいは無関心でいる時代から変化は進みつつあるようです。海外では、エグゼクティブになればなるほど自分磨き、つまり見た目磨きにもお金をかけられるということで、ステイタスにもなっているといいます。

たとえば、ダイエットもそうですが余計なぜい肉がついていることは、管理能力を問われてしまうといいます。ということは、肌ケアに始まり、爪や髪に関しても同じことが言えるのかもしれません。

アンチエイジングケアの方向性を決めましょう

女性と違って、男性の場合は美容面について子供のころからそれほど言われるわけでもないでしょう。あってもニキビケア、ヘアケアくらいかもしれません。ですから、エイジングケアなどと言われることについてはあまり積極的に考えられないかもしれません。ただ、理論を知ればどんなケア商品をどういう時に選んで使用すればいいのかがわかります。

まずは自分の肌を鏡で見てみましょう。理想とする肌状態と比べてどんな点が気になりますか?それを解決していこうとする行動、それがそのままエイジングケアとなります。

お肌の老化といえば、しわ、しみ、たるみといったものが代表的なものですが、鏡で見ているだけでわかりにくければ今よりも若いときの写真と比較してみると、どこがどう変わってきているのかがわかりやすいでしょう。

昔の写真を見ると、その歴然とした差に愕然とするという人もいますが、これからのアンチエイジングケアのための研究材料としてはとてもよいものとなりえます。将来にわたって、生き生きとした肌でいるためにはまずはアンチエイジングケアの方向性を決めること、つまり問題点を明らかにすることです。

サブコンテンツ

関連記事