Lorem ipsum dolor

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

Read more

Everti Constituam

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Read more

Id Essent Cetero

Quodsi docendi sed id. Ea eam quod aliquam epicurei, qui tollit inimicus partiendo cu ei. Nisl consul expetendis at duo, mea ea ceteros constituam.

Read more

発毛剤、育毛剤の体験談

10代の頃から君は禿げるよと周りの人たちに言われてきました。
20代後半になると、鏡で頭を見た際にうっすらと頭皮が見えるようになってしまいました。
これはまずいと思って、育毛剤に手を出しました。
最初に使ったのは、かの有名なスカルプDシャンプーです。オイリーの方を使いました。
洗い心地はとてもスッキリして爽快でした。頭皮の脂分が見事に落ちていると実感しました。
しかし肝心の育毛には効果がありませんでした。
何年も使いましたが、CMのタレントたちの様にはなりませんでした。
次に使ったのは柑気楼。
これもCMで有名なやつです。青蜜柑から育毛によい成分を抽出したのだそうです。
頭にスプレーしてみると、多少べたつく感じが不快でありました。
それに私の毛が少ないせいか、頭皮にかけたつもりが、目のあたりまで落ちてくるではありませんか。
時折目に入りしみたことがあります。
こうした悪戦苦闘をやらかしながらも、柑気楼をスプレーし、頭皮に塗り込んでいきました。
これも何年かやってみたのですが特に毛が生えてきた感じがありません。
むしろ加齢より順当に髪が減ってきているようにしか思えません。
現在は育毛剤等は一切使っていません。髪は湯洗いが基本です。
洗髪時に、頭全体にマッサージをかけています。
私にはよくわからないのですが、姉は髪が増えてきたのではないかと言います。

おススメ発毛剤はこちら

薄毛の治療薬

薄毛と一言で言っても、ストレスや加齢、病気など原因は様々です。内服薬や外用薬でも治療ができるので、美容的観点から、いくつかお薬を紹介したいと思います。

①プロペシア(男性用飲み薬)
AGAという単語を聞いたことがある方は多いと思いますが、男性の薄毛の原因の一つと言われています。これは、テストステロンがジヒドロテストステロンと いう物質に変化することで起こります。プロペシアの成分であるフィナステリドは、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換させる5α還元酵素の働き を阻害し、薄毛を防ぐものです。
料金は比較的高いですが、ジェネリックの開発も進められているようなので、今後お手頃な値段で購入できる医療機関が増えるかもしれません。

②パントスチン(男女ともに使える抜け毛抑制剤)
パントスチンの主成分、アルファトラジオールは、プロペシア同様にテストステロンをジヒドロテストステロンに変換させる5α還元酵素の働きを阻害し、薄毛を防ぐ、こちらは外用薬です。毎日頭皮に塗ることで、効果を得られます。

③ミノキシジル(男女ともに服用できる内服、外用)
ミノキシジルは、頭皮の血行を促進することで、細くなってしまった毛乳頭細胞や毛母細胞に栄養を与え、髪の毛を元気する薬です。
育毛剤としてこの成分が入った商品も売られています。

④パントガール(女性用飲み薬)
パントガールは、髪の毛の栄養剤的役割をしてくれるお薬です。
ケラチン、Lシスチン、ビタミンB1、パントテン酸カルシウム、パラアミノ安息香酸、薬用酵母が主な成分です。

以上の様な薬を単一的に、もしくは組み合わせて服用し、改善していきます。
一方で、薄毛は急激な体重の変化や食生活の乱れなど自分で改善できることが原因であったり、ストレスや遺伝など、どうにもできない理由があったり様々です。
薬だけで改善することを期待せず、ご自身の生活習慣を見直すことで改善できることがあれば、まずはそこから改善していくことが薄毛だけでなく、心と体の健康にとってとても大切です。
お薬の服用をご希望の場合には、ご自身でインターネット等で購入することができるものもありますが、薬である以上服用上の注意はきちんと守らなければなりません。
できれば、処方している病院にかかられて、医師の指導のもと服用されることをお勧めいたします。